観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


八日目の蝉
2011年05月07日 (土) | 編集 |
優しかったお母さんは わたしを誘拐した人でした

八日目の蝉_写真1

連続ドラマ化された角田光代の同名小説を『孤高のメス』の成島出監督が、映画化。今回は、誘拐された子供、恵理菜目線で描かれます。井上真央、永作博美をはじめ、俳優さんの表情をじっくり見ながら感じていく作品で、良く出来てます。

八日目の蝉_ポスター
あらすじ:子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかなかった希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜(井上真央)は大学生になり、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまうのだった。

4歳までの記憶。
幼稚園ぐらい以降の記憶なら思い出せるけど、それ以前は、う~ん、よく思い出せんなぁーって人が多いんじゃないでしょうか。
私も、生まれてから4年間の記憶は、よくわからない。

そこにあった母の、声、ぬくもり、匂い、感じたすべてのものは、ものすごく大事なもので、体の中に、しっかりと残されているものなんでしょうね。
自分は、薫なのに、恵理菜と呼ばれるのは、すごい抵抗感を感じるだろうなぁ。引きづり続ける違和感になってしまうかもしれませんね。4年間を失ってしまった家庭は、ぎくしゃくし、外では、事件のことを言われるし。
人と関わりたくないという大学生になってしまった恵理菜。

彼女の記憶は、空っぽなので、当然、感情がつかめない。事件のことなので、触れてもいけない。薫は、自分が自分でないような、なにか漠然とした心境なんだろうなと思う。

恵理菜役=井上真央は、最後まで感情を出せないむずかしい役どころです。言いたい事があるのに、それをこばんでいるような固い表情で、うまく演じてたと思います。小池栄子というキャラを側に配置してあるのも、うまい演出でしたね。

八日目の蝉_写真5
優しかったお母さんと、フレーズにあるが、優しかったのか、顔もよく思い出せない、確証の持てない記憶であるんだろうなぁ。生まれてくる子が、それを教えてくれることになるんでしょうね。

八日目の蝉 2011年【日本】 147分(パンフ700円)
監督:成島出
原作:角田光代 八日目の蝉 (中公文庫)
出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン
★★★★☆(4.0)
八日目の蝉_写真3
関連記事


コメント
この記事へのコメント
井上真央ちゃん良かったですね。
いつも元気な役のイメージがあったので頑張ったなーと思いました。
2011/05/08(日) 11:46:12 | URL | yukarin #-[ 編集]
>yukarinさん、こんにちは
笑ったり、泣いたり、する役じゃなく、
感じてもらわないといけない役なので、むずかしいですよね。
すごく良かったと思います。
2011/05/08(日) 12:58:39 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
おはよう^^
良い映画でしたねー><。
永作さんも井上真央さんもとても良かった!
「三つ子の魂百までも」と言う言葉もあるし、忘れてしまっても心の奥底にはちゃんと残ってるんだろうなぁって思いました。
良い母親になりそうですね^^

2011/05/12(木) 09:46:14 | URL | みすず #qx6UTKxA[ 編集]
>みすずさん、こんにちは!
永作さんも真央ちゃんもたいへん良かったですね。
気持ちが伝わってきました。
考える記憶じゃなく、体の中に残っている記憶なんでしょうね。
小豆島の匂いが教えてくれたんでしょう。

>良い母親になりそうですね
恵理菜の子は、実の母・恵津子をも救い、空白を埋めることに、つながっていくんでしょうね。
2011/05/12(木) 23:50:42 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 子どもを身ごもるも、相手が結婚してい...
2011/05/08(日) 11:44:14 | 新・映画鑑賞★日記・・・
 『八日目の蝉』を見た。  【ストーリー】  今日まで母親だと思っていた人は、自分を誘拐した犯人だった。  21年前に起こったある誘拐事件-。  不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わ...
2011/05/12(木) 09:47:03 | みすずりんりん放送局
「八日目の蝉」★★★★☆ 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子出演 成島出 監督、 147分、2011年4月29公開 日本,松竹 (原作:原題:八日目の蟬/ 角田光代)                     →  ★映画のブログ★            ?...
2011/05/13(金) 13:06:23 | soramove
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった...
2011/05/25(水) 22:26:28 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チネチ?...
2011/05/26(木) 08:14:29 | 京の昼寝~♪
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っているの...
2011/06/05(日) 08:08:39 | 映画的・絵画的・音楽的
7月5日 八日目の蝉(感想232作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB ...
2012/07/05(木) 21:05:54 | スポーツ瓦版
あらすじ希和子は不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る・・・。解説日本アカデミー賞11部門制覇(作品賞・主演...
2012/07/06(金) 20:05:01 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
あらすじ希和子は不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男
2012/07/06(金) 20:06:33 | 虎団Jr. 虎ックバック専用機
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。