観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


孤独の歌声 WOWOWドラマ
2008年08月31日 (日) | 編集 |
独り暮らしの女性が監禁・惨殺されるという事件が続発。
少女時代の誘拐事件のトラウマを抱える女刑事風希(内山理名)は、コンビニ強盗事件を捜査している。そして、またしてもコンビニ強盗が発生。そのコンビニに、バイトをしながら音楽活動をする潤平(福士誠治)がいた。
風希と潤平の孤独の交流を軸に描くサイコサスペンスドラマ。

原作は『永遠の仔』の天童荒太で
孤独感が漂う画面で仕上げて欲しいところですけど、
なんかぴりっとしないです、普通の二時間サスペンスでした。

物語のキーになってるのは“深夜のコンビニ”だと思うんです。
コンビ二強盗を追う風希、コンビニでバイトする潤平、
ひとり暮らしの女性を狙う犯人はコンビ二も見張ってますよね、
舞台ともなるコンビ二の撮り方にはすごく気を使わないといけないと思うんですけど、なにか普通に撮ってるだけで情緒がないですね。
ストーリーを追って作るだけでは、サイコサスペンスにはならないだろうなと思う。

夜のコンビニの灯に、何かほっとしてしまう。
そんな孤独な気持ちってあるんじゃないだろうか。


孤独の歌声 WOWOWドラマ( 2007年 )
監督:花堂純次
脚本:李正姫
出演:内山理名(朝山風希/刑事)
   福士誠治(芳川潤平/ミュージシャン志望)
   山本太郎(松田隆史/システムエンジニア)
私の感想:★★★☆☆
原作:天童荒太  孤独の歌声 (新潮文庫)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。