観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パニック・フライト
2011年09月29日 (木) | 編集 |
地上30,000フィートの密室。

パニックフライトDVD01

監督さんは「エルム街の悪夢」で知られるホラーの巨匠ウェス・クレイヴン。全米公開時には初登場第2位という好成績だったそうだが、地味な内容のせいか、日本劇場未公開。同時期にジョディ・フォスターの大作「フライトプラン」が製作されていたので、機内スリラーとして被ってしまったのも痛い。日本タイトルも、不運なことに、パクリもの扱いになってしまってます (-_-#)

パニックフライトDVD02

偶然、空港で知り合った男と、機内でも隣席同士。
実は、この男は・・・というお話。

隣り合った座席という、ものすごく限られた舞台での攻防。この静かなるせめぎ合いを、どう魅せていくか、というところに注目したい。
隣席の男、青い目のリップナー(キリアン・マーフィ)が、登場から、いかにも怪しげ。キリアン・マーフィが、あまり恐くないし、なんか弱っちそう。対するリサ(レイチェル・マクアダムス)は、普段から、ビシビシと指示を与えていくホテルマネージャーで、かなり気丈な女性。レイチェル・マクアダムスでも、やっつけられそうな相手の感じなのが、いいんだろうなぁ。彼女は、なんとか出し抜いて反撃しようと頑張ります。
暗さのあるキリアン・マーフィと、元気イメージのレイチェル・マクアダムス、この二人の組み合わせが、マッチしている。俳優さんの持ち味が、うまく活かされていて、そこにホラー風味の演出が加わり、独特の面白い雰囲気が醸し出されている。
ストーリー上、大きな盛り上がりはないけど、キャスト、脚本、演出が、そつなく、まとまっている作品という感じですね。

パニック・フライト RED EYE 2005年【米】85分劇場未公開
監督:ウェス・クレイヴン、脚本:カール・エルスワース
出演:レイチェル・マクアダムス(リサ・ライザート)、キリアン・マーフィ(ジャクソン・リップナー)、ブライアン・コックス(リサの父)
★★★☆☆(3.5)
パニック・フライト スペシャル・エディション [DVD]
パニックフライトPhoto01

◎レイチェル・マクアダムス→『きみがぼくを見つけた日』『それぞれの空に
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。