観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本:ファントム・ピークス/北林一光
2011年10月25日 (火) | 編集 |
山の描写がていねいに書かれている。

本:ファントムピークス/北林一光
ファントム・ピークス (角川文庫)

あらすじ:長野県安曇野。半年前に失踪した妻の頭蓋骨が見つかる。しかしあれほど用心深かった妻がなぜ山で遭難? 数日後妻と同じような若い女性の行方不明事件が起きる。それは恐るべき、惨劇の始まりだった。
(おすすめ度★★★☆☆)

帯に「宮部みゆき氏絶賛!」と
書いてあったので読んでみました(^^)
あいつぐ、山での失踪事件。
いったいこの山で何が起こっているのか?
自然の風景描写で進めていく正当派な本でした。
ぐいぐい引きつけてくる要素はなく、
静かな恐怖という感じでしたね。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
北林一光     角川書店  長野県安曇野。北アルプス常念岳のふもとの村。山で女性が3人行方不明になった。こつぜんと姿を消した。神隠しにあったようだ。そして、最初に行方不明になった女性の遺骨が発見された。さらに2番目の女性の靴が発見された。どうも「何か...
2011/12/30(金) 20:24:26 | とつぜんブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。