観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宮部みゆき原作 ドラマスペシャル『火車』
2011年11月07日 (月) | 編集 |
原作は、宮部みゆき。山本周五郎賞のほか、過去20年間の作品から選ぶ「このミステリーがすごい!」ベスト・オブ・ベスト(08年)の第1位にも選ばれている傑作。

宮部みゆき原作ドラマスペシャル『火車』トップ
宮部みゆき原作 ドラマスペシャル『火車』
2011年11月5日(土) 21:00~11:11テレビ朝日系
「東京~伊勢~大阪…死体なき連続殺人の謎に挑む!名前も顔も捨て1000キロを逃げる美女!!このミステリーがすごい!過去20年間のNo.1小説完全映像化!借金地獄に堕ちたOL衝撃の結末」

タイトルがすごいですね (;^_^A

あらすじ:バブル崩壊直後92年の東京。休職中の警視庁捜査1課の本間刑事が、遠縁の男性から失踪した婚約者「関根彰子」を捜してほしいと頼まれたところから物語は始まる。本間がその足取りを追いかけていくうち、彰子になりすましたもう一人の女の存在が浮かび上がってくる。

宮部みゆき原作ドラマスペシャル_佐々木希
失踪美女・新城喬子役に、佐々木希!

この人はいったい誰なんだろう。
これは、写真に写った謎の女性に物語をつけていくミステリー。
彼女は、最期まで、一言も発することはないし、姿さえ現さない。
あくまでも彼女に関わった人物が、
その時、彼女をどう感じたのか、どう見えたのかを、
を、その人の目線で語っていくだけだ。

足取りをつかんでいく過程を、
上川隆也と寺脇康文とのやり取りで、
説明くれるので、わかりやすかったと思う。

最期を渋く決めてましたね。
上川隆也が、君本人の口から君の物語を聞かせてくれと、
自分の名前を名乗ったところで、終わり、
というのは、かっこよかった。

監督:橋本一、脚本:森下直、原作:宮部みゆき 火車 (新潮文庫)
出演:上川隆也/佐々木希/田畑智子/寺脇康文
★★★☆☆(3.5)

◎関連作品→韓国で映画化した『火車/HELPLESS
関連記事


コメント
この記事へのコメント
このミス
kinoさん、こんにちは!
以前は「このミス・・」は欠かさずチェックしてました。
最近は、目が悪くなってあまり読書をしてませんが(^^;

宮部みゆきは好きで「火車」も良かったですが、
過去20年間のベスト・オブ・ベストとは、ちょっと意外な感じ。
私的には桐野夏生の「OUT」だな~ 「マークスの山」も好きでした。

それで、このストーリーですが、
そうなんですよね、本人は全く姿を現さない。
捜査していく段階で、人から聞いた話を積み上げて、
よじ登って、やっとの思いで最後に本人に辿り着くんですよね。
だから、本では、最後まで本人の姿はハッキリとしてませんでした。

ドラマに佐々木希が出ていたって事は、
姿がハッキリ出ちゃってたんですね。
2011/11/09(水) 15:31:13 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集]
>YANさん、こんにちは!
>宮部みゆきは好きで「火車」も良かったですが、
>過去20年間のベスト・オブ・ベストとは、ちょっと意外な感じ。
宮部みゆきは、暖かさのある作品で、
共感しやすい作風ですから、人気があるんでしょうね。
「OUT」や「マークスの山」みたいな冷たい目線は、ないですね。

これは、読者が数々の登場人物の語りから、
人物像や顔を、読者なりに、思い浮かべていくのが特徴ですからね。
佐々木希は、写真だけの出演で、
最期に登場するので、原作の意向は守られてます。

でも、この原作は、やっぱり映像化には、
向いてないと、思いました。
あの人、そんな一面があったのかを聞くところが味わい深さで、
履歴書写真であれ、人物の顔がハッキリ見えた時点で、「火車」じゃなくなりますね。

刑事が自分を名乗って、
あなたも名乗ってください、みたいな感じの
最期の締めは、よく考えられてたと思います。
2011/11/12(土) 13:57:20 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。