観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CAGED -監禁-
2012年04月30日 (月) | 編集 |
静かなフランス・シチュエーションスリラーです。
主役キャロルを演じているのは、ゾエ・フェリックスという女優さん。

CAGED監禁_写真1

解説:メガホンを取るのは、初長編作品となるヤン・ゴズラン。旧ユーゴスラビアの紛争地帯に国際救援で派遣された医師・キャロルは、同僚の男性医師ふたりとドライブ中に覆面姿の武装グループに拉致されてしまう。

武装ゲリラの人質にされたのか?
彼らの目的は、いったいなになのか?

実は、監禁された主人公キャロルは、
犬に対してのトラウマを持っている。
監禁された場所に飼われている犬の鳴き声が、
彼女の幼少の記憶を蘇らせ、死の恐怖と交錯していく・・・
追いつめられるキャロルの精神状態を
表現していくかのような作品だと思います。
少女を助けたかった、
という過去との対峙から、流れが一転。
スピード感のある後半に入る狙いだと思うんだけどなぁ。

過去の記憶が関わる定番的なストーリー。
精神状態を、リズムとメリハリで表現しきれなかった感じがしますね。
電話、犬の鳴き声、地雷など、音を大事にしてる部分は、面白かったかな、
でも普通レベルでした。( ̄ー ̄)

CAGED -監禁- CAPTIFS/CAGED 2010年【仏】84分劇場未公開
監督: ヤン・ゴズラン 脚本:ヤン・ゴズラン、ギョーム・ルマン
出演: ゾー・フェリックス、エリック・サヴァン、アリ・エルマレ
★★★☆☆(3.0)
CAGED-監禁- [DVD]
CAGED監禁_DVD
フランスポスターは「マーターズ」みたいな雰囲気ですが。えぐい系の作品でなく、精神スリラーです。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。