観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター
2012年05月22日 (火) | 編集 |
ワニの次は、サメ!
潜むワニに恐怖する「ブラック・ウォーター」を手がけたアンドリュー・トラウキ監督の作品で、舞台は、同じく、オーストラリアです。

赤い珊瑚礁オープン・ウォーター写真1
ストーリー:グレートバリアリーフ在住のルーク(ダミアン・ウォルシュ=ハウリング)は、小型船舶の配送業を営んでいた。そこに友人マット(ガイトン・グラントリー)とその恋人スージー(エイドリアン・ピカリング)、そしてマットの妹ケイト(ゾーイ・ネイラー)がバカンスにやって来る。彼らは穴場スポットでクルーズとダイビング楽しむが……。

ジョーズみたいな、大鮫は、襲ってきませんよ(^^)
リアルな海の恐怖を描く〈オープン・ウォーターシリーズ〉と、されています。

ヨットが座礁し、転覆。
このまま、船上で発見されるのを待つか、
それとも、島のあるだろう方向へと泳いでみるか、
彼らに決断が迫られる。

妹ケイトは、海の恐さをよく知っているからだろうか。
船に残ると主張するのだが・・・
潮の流れにまかせて、島に、泳ぎ着く保証はまったくないし、サメは、自分より大きなものを襲ってこないから、船にいた方が安全なのかもしれない。それとも、過去にいやな体験でもあるのか。

やたら、わめき怯えるケイトの、過去のいきさつなども描かれていくのかな、と思いきや、そういうのはなかった。ひたすら、静かな海の恐怖。一人、また一人と、サメの餌食になっていくだけなので、ちょっと単調でしたね。

(ネタばれ)
最後、ホラー映画みたいに、主人公女性が生き延びるが、
助かって、ほっ、というわけではない。
こんな岩場に、一人だけ、取り残されたら心細いです。
このあとのことを想像すると、それが、一番、恐かった。

赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター THE REEF 2010年【豪】88分
監督・製作・脚本: アンドリュー・トラウキ
出演:ダミアン・ウォルシュ=ハウリング、ゾーイ・ネイラー、ガイトン・グラントリー、エイドリアン・ピカリング、キーラン・ダーシー=スミス
★★★☆☆(3.0)
赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター [DVD]
赤い珊瑚礁 オープン・ウォーターDVD
関連記事


コメント
この記事へのコメント
海って綺麗で幻想的で夏は特に好きだけど、この場合は... ですね(笑)
5人って少ないけど、なかなかの恐怖でした。転覆した船の中に潜って物をとりにいくのも怖かったけど、そこでは、まだでしょうね(笑) 5人だったら、最初の方じゃガブッとしないと連想してしまうので... でも、この映画は、ラストで愛する者を真っ先に庇うみたいな事も伝えているのかな? しかし、恐怖のサメ映画なので期待に応えてほしいですよね? 実話なようで、さぞ怖かったでしょう(>_<) 私も海の真ん中に放られたら、仲間の為にビートバンを取りにいくかなぁ... それとも、ヘリがみつけてくれる事に委ねて残るんでしょうか? 海って魅力的で、船が沈没するのもいいしサメやヘビやワニがいるのもいいし... でも、海のつかいみちってその位ですよね(笑) 海の映画で一番好きなのは、青い珊瑚礁なんですけど、そういやサメもでてきたりして、意外と怖かったなぁ~
2012/06/09(土) 00:19:17 | URL | サイレント #-[ 編集]
こんにちは!
見渡す限り、静かな海という状態が、一番恐いと思います。
2012/06/12(火) 00:08:26 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
本物の鮫にこだわった作りには好感がもてます。ヨットが転覆してしまって、近くの島まで泳ぐしかないという選択肢もいいね。 この監督さん「ブラック・ウォーター」で実際のワニを使ってたりと本物志向、そこも好感が持てる。つくりものじゃない本物の恐怖がそこにある。...
2012/05/22(火) 18:12:59 | いやいやえん
少し間が空いてしまいましたが、オープン・ウォーターシリーズの最新作(続編と言って良いのかは分かりませんが)、「赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター」を鑑賞しました。Blu-rayは ...
2013/12/21(土) 09:31:56 | VAIOちゃんのよもやまブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。