観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テイク・シェルター
2012年08月24日 (金) | 編集 |
心の中に沸き上がる暗雲。
みんな、なぜ、平然としていられるんだ。未曾有の嵐が来るのに!
現代の社会不安を背景に描かれていく心理スリラーです。

テイク・シェルターポスター

あらすじ:田舎町の工事現場で働くカーティス(マイケル・シャノン)は、耳の不自由な娘ハンナ(トーヴァ・スチュワート)と妻サマンサ(ジェシカ・チャステイン)と慎ましくも幸せに暮らしていたが、あるときを境に、たびたび大災害の悪夢に悩まされるようになる。そのあまりに恐ろしいイメージは日ごとにリアルさを増していき、やがてその恐怖に取り憑かれてしまうカーティス。近いうちに必ずや地球規模の天災が発生すると信じてやまない彼は、家の近くに深く穴を掘り、避難用シェルター作りに没頭し始めるが、家族や友人はまったく彼の行動に理解を示さず、むしろ不信感を募らせる一方だった。果たして、カーティスの常軌を逸した言動は哀れな妄想なのか、それとも……。

脚本・監督のジェフ・ニコルズが、本作を書き始めたのが、新婚1年目の2008年の夏だそうです。結婚生活が始まった時期に、リーマンショックによる世界的金融危機が起こり、幸せと不安が交錯するような心情だったんでしょうね。
経済的なこと、老いに対する漠然とした不安、を抱えていたのは、人生の中で失いたくないものをとうとう得たことから生まれたものだった。「不安は失うものをもった時に生まれる」。その感情を主人公カーティスに反映させているそうです。

テイク・シェルター写真1

ローンを抱えている上に、シェルターのために、さらに借金。娘の手術日が迫っているのに失業、健康保険さえ失ってしまう。奇異な目で見られ、孤立しても、カーティスは、ひたすら、シェルター作りに没頭していく。
ひとりで抱え込み、ひとりで憔悴していくカーティスを、マイケル・シャノンが、うまく演じていて、狂乱し、とんでもないことを起こすのではないかと、ものすごく不安な気持ちで観ていけました。
相談もせずに勝手なことをする夫に、妻サマンサは、爆発しそうになりますが、ぐっと我慢。家族を守るため、という夫の行動は異様すぎるけど、なんとか合わせながら、見守っていく。

何事も起こらないけど、漠然とした不安という恐怖が、とても重苦しいです。

テイク・シェルター写真2

(ラスト、ネタばれ)

ラストシーンは、現実に起こっていることでなく、予兆かと考えます。
この世に生きていて、
今、この瞬間にも未曾有の大災害が起こり、死ぬかもしれないのです。
大切なのは、シェルターではなく、家族の信頼。
今度の予兆は、今までと違い、娘も妻も感じるものだった。
信頼が見せた予兆でしょう。
そこにいきつく物語であったんだろうと思います。

医師が勧める家族が離れての集中治療。これに対する未来の暗示が、ラストの暗雲かと思います。予兆が見えた家族は、集中治療を断り、家族で乗り越えることを決意するんだろうな、という最後かな。奥さんの厳しい表情が物語ります。
なるほど、というラストのように感じました。

テイク・シェルター Take Shelter 2011年【米】120分
監督・脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノン(カーティス)、ジェシカ・チャステイン(妻サマンサ)、トーバ・スチュワート(娘ハンナ)
★★★★☆(4.0)
テイク・シェルター [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
kinoさん、こんにちは!
ジェフ・ニコルズの「不安は失うものをもった時に生まれる」
という事は、この作品からとても痛切に感じ取れましたね。
カーティスの常軌を逸した行動は全てその感情からでした。

ラストの解釈はいろいろ取れますが、
kinoさんの予兆説も面白いと思います。
私はスリラーにふさわしい、ドンデン返しかなと考えましたが、
「大切なのはシェルターより家族の信頼」と言う点で
kinoさんと一致しています。
2012/12/18(火) 16:49:23 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集]
こんばんは!
ラストが、
医者のカウンセリングシーンのあとにはいってきてるのと、
奥さんの顔で終わるので、
これは、家族は一緒に住み治療に挑むことを決意したな、
という不安だと解釈しました。

最期、家族の信頼に結びついていくのがいいですね。
2012/12/23(日) 00:22:32 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大災害の予知夢を見てしまった事から恐怖に取り憑かれた男が、一心不乱に庭に避難用シェルターを作り始めるという心理もの。相変わらすマイケル・シャノンさんはこういった妄執的な...
2012/08/24(金) 10:05:29 | いやいやえん
監督 ジェフ・ニコルズ 主演 マイケル・シャノン 2011年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ UFOなり幽霊なり常識の範疇を超えた物の目撃談ってのは話としては面
2012/09/03(月) 20:42:54 | Subterranean サブタレイニアン
マイケル・シャノンの顔が怖い! 恐怖や不安が渦巻く不気味さの中に、家族の絆が・・・ カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリなど数々の映画賞受賞。 TAKE SHELTER 監督:ジェフ...
2012/12/18(火) 16:50:24 | RockingChairで映画鑑賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。