観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命の相続人
2012年09月02日 (日) | 編集 |
愛する者に自分ができること。

命の相続人-EL_MAL_AJENO_Poster4 命の相続人-EL_MAL_AJENO_Poster3 命の相続人-EL_MAL_AJENO_Poster2

あらすじ:病院に勤務するディエゴは有能な医師だが、他人の苦痛に対する反応が麻痺してしまっていた。ある夜、自殺未遂の女性が担ぎ込まれるが、ディエゴは治療をせず帰ろうとする。そんな彼を女性の恋人が銃で脅し発砲。銃声を聞いて駆けつけた同僚は、血まみれになったディエゴと自殺した男が倒れているのを発見する。だが、ディエゴは突然息を吹き返し、しかもどこにも傷が見あたらなかった。数日後、彼はあることに気がつくのだが…。

「海を飛ぶ夢」「アレクサンドリア」を監督しているアレハンドロ・アメナーバルが、プロデュース。出演は、「オープン・ユア・アイズ」のエドゥアルド・ノリエガ、「永遠のこどもたち」のベレン・ルエダです。

主人公ディエゴは、病院勤務の疼痛(とうつう)科の医師。
患者の痛みの治療にだけ専念し、
患者が抱える苦悩には、わざと目を向けないようにふるまっている。
そんな彼は、私生活では、妻娘と別居中という状態で、
家庭の問題からも目をそむけてしまってるようなんですね。

もし、自分が特殊な能力を持ってしまったら。
能力を持つ事になってしまったいきさつが明らかになっていくにつれ、
昏睡から目覚めたサラ、アルコールに溺れる自分を撃った男の妻イザベル、と
自分自身が、深く関わっていくことになる。
その時、見えてくるものは何なのか、ディエゴの決断とは?
を、静かなタッチで描いていくヒューマンドラマ。

俳優さんもいいし、しっかり作られている良い作品だと思います。よくありがちな能力ものなので、劇場未公開になってしまったのかもしれませんね。

EL MAL AJENO 2008年【スペイン】劇場未公開107分
監督:オスカール・サントス
製作:アレハンドロ・アメナーバル
出演:エドゥアルド・ノリエガ(ディエゴ)、ベレン・ルエダ(イザベル)、アンジー・セペダ(サラ)、クリスティーナ・プラサス(妻ピラール)、クララ・ラゴ(娘アイノア)
★★★☆☆(3.5)
命の相続人 [DVD]
命の相続人-EL_MAL_AJENO_Photo
関連記事


コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪
ディエゴの微妙な心の変化がたくみに表されていた良作でした!
これkinoさんがみてらっしゃらなかったら、存在すら知らなかったままかもしれません
ラストは彼女に子供を預けて癒しの旅に出ようとするサラの姿が、感動的ですらありました

しかし、難儀な能力ですよね…
自分に跳ね返ってくるのならまだしも、自分の近い大切な人々へというのは…。
2013/01/09(水) 10:52:54 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
こんにちは!
能力の謎が明らかになってくるとともに、
心情も変化していく。
静かな流れなのがいいですよね。

自分ができる最良の選択ということなんでしょうね。
2013/01/12(土) 11:32:54 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
エドゥアルド・ノリエガさん主演。渋かっこよい…! これサスペンス映画のくくりになってましたけど、ヒューマンドラマでしょ。 主人公ディエゴは、医師だが患者の苦痛に対する感
2013/01/09(水) 10:37:24 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。