観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウォリアーズ
2013年02月23日 (土) | 編集 |
ウォリアーズを殺せ!

ウォリアーズ_The-Warriors_1

解説:NY中のストリート・ギャングが集結したブロンクス公園の一大集会でカリスマ的リーダーが射殺された。濡れ衣を着せられたウォリアーズのメンバーが各グループの追撃をかわしながら続ける一夜の逃走をダイナミックに描いた傑作アクション。シンプルな構成の中、ウォルター・ヒルのスタイリッシュな演出が完全に花開く。

ツタヤ発掘良品に選ばれていたので、鑑賞。

カッコいい映画です。
ぞくぞくと集まるストリートギャングと
地下鉄の映像から始まるオープニングからして、しびれます。
当時の落書きだらけのニューヨークは、
とても夜一人で歩けるような雰囲気じゃないですね。

ウォリアーズ__The-Warriors_2
大ボス殺しの濡れ衣をきせられたウォリアーズは、
自分たちのシマ・コニーアイランドへ無事、辿り着けるのか?
という単純でワクワクするようなストーリー。

彼らの行く手を阻むのが、
おそろいのコスチュームを着たストリートギャングの面々。
この次々、登場する敵キャラを観てるだけでも楽しい。
ウォリアーズ_ベースボール・フューリーズ
なかでも、ベースボール・フューリーズのインパクトは、ピカイチでしょう。
どんだけ、強い奴らかと、思ったわ。


主人公スワンの目に、命がけで帰ってきた自分たちの街が、
ものすごくつまらないところに映るというのも渋いですね。
エキサイティングであり、くだらない一夜だったのか。

ウォリアーズ The Warriors 1979年【米】93分
監督:ウォルター・ヒル
出演:マイケル・ベック、ジェームズ・レマー、トーマス・G・ウェイツ
★★★★★
ウォリアーズ_DVD
ウォリアーズ [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。