観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シャドー・ダンサー
2013年08月25日 (日) | 編集 |
シャドー・ダンサーは誰なのか?

シャドー・ダンサーPhoto1
幼き頃からの苦悩を抱える彼女の心と相反するような真っ赤なコートが映える。

解説:「マン・オン・ワイヤー」でアカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュ監督が、愛する息子を守るため密告者として生きる道を選んだ女性の姿を描くスパイサスペンス。原作はイギリスのジャーナリストで小説家のトム・ブラッドビーによる「哀しみの密告者」。

なんだかわかりにくいタイトルなので、観る方は少なそうだ。
TSUTYA独占レンタルだし。
だが、観終わったあと、このタイトルが、余韻を残す静かで渋い作品でした。
もう犠牲は出したくなかったのに。
コレットの心の奥で踊る哀しきシャドー・ダンサーの姿が思わされた。

あらすじ:1993年の北アイルランド。ひとり息子のマークを育てるシングルマザーのコレットは、幼い頃に弟を死なせてしまったある事件がきっかけとなり、 IRA(アイルランド共和軍)のメンバーとして活動していた。ある時、ロンドンの爆破未遂事件の容疑者として逮捕されたコレットは、MI5(イギリス情報局保安部)の捜査官マックから、このまま25年間投獄されるか、IRAの動向を探るスパイとして働くかの選択を迫られ、やむなくスパイとして生きることに。一方、MI5の組織内に怪しい動きを感じたマックは、「シャドー・ダンサー」というコードネームで呼ばれる、もうひとりの密告者の存在を突き止めるが……。

Shadow Dancer 2011年【アイルランド・イギリス合作】101分
監督:ジェームズ・マーシュ
原作:トム・ブラッドビー/脚本:トム・ブラッドビー
出演:アンドレア・ライズボロー(コレット・マクビー) 、クライブ・オーウェン(マック)、ジリアン・アンダーソン(ケイト・フレッチャー)
シャドー・ダンサー [DVD]
シャドー・ダンサーPoster
★★★☆☆(3.5)

◎関連作品「マン・オン・ワイヤー
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。