観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラスト・デイズ
2014年01月26日 (日) | 編集 |
引きこもり病?

ラスト・デイズ_ポスター

解説:『フェーズ6』の監督と『REC/レック3 ジェネシス』の製作者によるスペイン産スリラー。〝外に出られない〟、それだけで人類が破滅へ向かうという斬新な設定が光る。屋外に出ることを恐れる広場恐怖症に似た、原因不明の病が蔓延。システムエンジニアのマルクら職場で発症した人々が、3ヵ月後、移動に地下道を使おうと地下の壁に掘っていた穴を貫通させる。マルクは恋人を捜すため地下道に踏み出す。

都会に暮らす現代人よ、外の世界の素晴らしさを忘れてないか。
勇気を持って外に踏み出そう。
というようなテーマを持つ映画。

ゾンビものでもなく、感染ものでもない。
外に出ると心臓発作で死ぬという広場恐怖症が全世界に蔓延し、
人々は一歩も出れなくなる。
それにより、社会機能が停止し、秩序も崩壊する。
主人公が、この世界の中、生きはぐれた恋人を捜し回るというストーリー。
ラスト・デイズ_画像1
いやなおじさん上司とのコンビというのも面白かった。

スペインの若手映像作家パストール兄弟の監督作品で、
フェーズ6』と同じく、終末感の雰囲気がいい。

ラスト・デイズ_イメージ1

(ネタばれ)
よちよち歩きの赤ちゃんは、なにごともなく、外への一歩を踏み出す。
やがて大きくなった息子は、
いまだに外に出られない親たちのもとを巣立っていく。
緑あふれる外の自然な世界へと。
新世代が新しき世界を作っていくのだろう、というラストでしたね。

ラスト・デイズ Los ultimos dias 2013年【スペイン】102分
監督:デビッド・パストール、アレックス・パストール
製作:アルベルト・マリーニ、ペドロ・ウリオル
出演:キム・グティエレス、ホセ・コロナド、レティシア・ドレラ
★★★☆☆(3.5)
ラスト・デイズ [DVD]

レティシア・ドレラ画像
※恋人役レティシア・ドレラは、『REC/レック3 ジェネシス』 (2012)に出演してた女優さんでした。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。