観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハンガー・ゲーム2
2014年04月28日 (月) | 編集 |
カットニスが放った矢は、大きな炎となり燃え広がっていた!

Hunger_Games_2_Jennifer Lawrence_image

解説:スーザン・コリンズのベストセラー小説「ハンガー・ゲーム」の第2作。2012年アカデミー賞主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンス主演、そして新たに監督に抜擢されたのは、『アイ・アム・レジェンド』のフランシス・ローレンス。少女カットニスの勇気ある行動をきっかけに、国家に対する革命の動きが国中に広がろうとしている中、節目の記念大会となる第75回<ハンガー・ゲーム>の特別ルールが発表される——。それは独裁者・スノー大統領がカットニスを抹殺すべく仕掛けた、歴代勝者たちを戦わせる絶対絶命のゲームだった。

Hunger_Games_2_Jennifer Lawrence_poster

知らずのうちに、
世は、革命という大きな流れに向かって動き出していた。
当然、ひとりの少女であるカットニスには、そこまではわからんわけで。
前作同様、ジェニファー・ローレンスの動揺や冷ややかな表情、
彼女の存在そのもので進んでいく映画ですね。

今回は、歴代チャンピオンであるご高齢のプレーヤーも参戦。誰もが、前大会の少女カットニスの姿勢になにかを感じていたわけですね。政府としては、庶民の希望を消し、抵抗の無意味さをわからせるためのゲームで、政府対プレーヤーの闘いとなるんだけど、なんかあんまり危機一髪感がなかったですね。最期、ジェニファー・ローレンスの哀しみから決意の表情で終り、さぁ、いよいよ!という感じですね。

The Hunger Games: Catching Fire 2013年【米】147分
監督:フランシス・ローレンス
原作:スーザン・コリンズ
ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)
ハンガー・ゲーム2 下 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)
出演: ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、レニー・クラヴィッツ、スタンリー・トゥッチ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランド
★★★☆☆(3.5)
Hunger_Games_2_Jennifer Lawrence_photo
ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]

◎関連記事=『ハンガーゲーム』(第1作)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。