観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


容疑者X 天才数学者のアリバイ
2014年04月30日 (水) | 編集 |
東野圭吾原作「容疑者Xの献身」の韓国版。
『その瞬間知りました この世には数学の美と同じ美しさが存在すると・・・』

容疑者X_天才数学者のアリバイ01

解説:『受取人不明』などで俳優としても活動するパン・ウンジンが監督を務め、東野圭吾原作の「容疑者Xの献身」を映画化。ある殺人事件をめぐる天才数学者とその隣人、そして事件を追う刑事らが織り成すドラマを巧みな心理描写で映し出す。主人公を『クライング・フィスト』のリュ・スンボムが好演し、相手役を『光 州5・18』のイ・ヨウォンが務める。原作とはまた違う、登場人物たちの感情の変化を際立たせた演出が観る者の琴線に触れる。

韓国版はガリレオシリーズでないので、天才物理学者・湯川学は出てきません。その分、ある陰気な数学教師主体となるわけですね。進み方は、ほぼ同じで、最期は、やっぱり、こう終わることになるんだろうなというお話でした。

数学に没頭し、孤独に過ごしてきた数学教師が、
違う光の美しさを知る。
この光を守るためには、この形こそ最善だと信じ、
それを一方的に実行してしまう哀しいサスペンスですね。

この問題を解いても誰も幸せにならない、
と彼は言うが、
このあと、周りの方々は幸せに過ごせるんだろうか、
本人だけが美しい答えだと思ってるだけだろうな。
彼の行為は殺人であって、美しさのかけらもないということですね。
日本映画の作りだと、こうやって突き放す部分があるのだが、韓国映画には、こういう部分はあまりなく、とことんまで突き進んでしまいますね。

原題:용의자X/PERFECT NUMBER/SUSPECT X 2012年【韓国】119分
監督:パク・ウジン
原作:東野圭吾 容疑者Xの献身 (文春文庫)
出演:リュ・スンボム(高校の数学教師ソッコ)、イ・ヨウォン(隣人ファソン)、チョ・ジヌン(ソッコの高校の同級生の担当刑事ミンボム)
★★★☆☆(3.5)
容疑者X_天才数学者のアリバイ02
容疑者X 天才数学者のアリバイ [DVD]
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

◎関連記事→『白夜行-白い闇の中を歩く-
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。