観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ザ・イースト
2014年10月27日 (月) | 編集 |
ミイラとりがミイラに、では、だめなのだ。

the_east_photo01_500.jpg
解説:脚本も手がけた主演作「アナザー プラネット」がサンダンス映画祭で賞賛された女優ブリット・マーリングが、製作・脚本・主演の三役を兼ねたスパイスリラー。監督は、カルト教団に潜入するカップルを描いたスリラー「Sound of My Voice」(11・日本未公開)でもマーリングとタッグを組んだ新鋭ザル・バトマングリ。

環境汚染や健康被害をもたらす大企業に対し、
過激な報復活動を重ねる環境テロリスト集団「イースト」。
その実体は不明だった。
民間セキュリティ企業に就職した元FBI捜査官のサラは、
クライアントを守るため、そのイーストへの潜入しろ、
という危険な任務を命じられる。

利益追求のために大企業は、
人体に副作用のある薬を販売したり、
有害物質を川にたれ流したり、
非常に悪どいことをやっている。
そんな奴らに痛みある制裁を加え、
過ちをわからせなければならない。
これは、声なき弱者に代わって行う行為だ!
う〜ん、彼らの理念もわからないではない。

彼女の価値観と感情が混乱を始める。

自分は、どの立ち位置から物事を捉え、
どう行動することが正しいのか、
主演は「アナザー プラネット」のブリット・マーリング。
前作と同じく、揺れ動く主人公の心情を描いた作品です。
民間セキュリティ会社、
集団生活を送るカルト教団みたいな環境テロリスト、
扱ってる題材もすごく面白いと思った。


ザ・イースト 2013年【米】116分 原題:The East
監督:ザル・バトマングリ
出演:ブリット・マーリング、アレクサンダー・スカルスガルド、エレン・ペイジ

★★★★☆(4.0)
ハリウッドの次世代を担う若き才能が結集!
主演から脚本・製作までを成し遂げる、新時代の女性クリエイター。

ザ・イースト [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。