観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


扉は閉ざされたまま WOWOWドラマ
2008年10月20日 (月) | 編集 |
扉は閉ざされたまま

洋館の別荘で行われる同窓会に、伏見(中村俊介)、礼子(田丸麻紀)、石丸(柏原収史)、新山(山崎樹範)、五月(国分佐智子)、安東(和田聰広)の大学ゼミ仲間が集まった。
この物語は、この中の誰が犯人なのか?を推理していく形ではなく、
犯人を最初に見せてしまう倒叙推理型です。

伏見(中村俊介)は、後輩の新山(山崎樹範)を殺害。風呂場での溺死事故に見せかける細工をし、内側から鍵がかかった完全な密室を作ります。
あと10時間、死体を発見されてはいけない、と伏見は心に誓います。

なぜ、10時間なのか?
犯人・伏見の動機とは?
そこに居合わせた礼子(田丸麻紀)の妹、碓氷優佳(黒木メイサ)が、探偵役となり展開する密室サスペンス

私は、原作未読なのですが、アマゾンの本書紹介文を読む限り、原作は結構面白いのではないかと思います。あてになりませんが、2005年の「このミステリーがすごい!」で2位にランクインしてるらしいし。

映像化にあたっては、心理描写をどう描いていくのかが大事なんですけど、あまりうまく表現されてないですね。あまりにも平坦に進みすぎ。静かな音楽のBGMで、格調高く、ごまかしてるように感じました。でも、この手のドラマの中では、原案が奇抜でよく出来てるので、普通のサスペンス系ドラマより、はるかに楽しめた。
そういうことだったのか思う結末で締めくくってくれます。

『扉は閉ざされたまま』 2008年
サスペンス
監督:村本天志
脚本:深沢正樹
黒木メイサ/中村俊介/和田聰宏/田丸麻紀 /国分佐智子/柏原収史/山崎樹範
私の感想 ★★★☆☆ これは活字で読む方がよかったかな。

原作:石持浅海 扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫 い 17-1)

※ちなみに、この作品は“倒叙3部作”にあたり、第1弾が『扉は閉ざされたまま』、第2弾が『君の望む死に方』になっているそうだ。第2弾では探偵役・碓氷優佳を松下奈緒が演じています。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。