観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コブラ ザ・サイコガン Vol.1
2008年11月02日 (日) | 編集 |
コブラ ザ・サイコガン Vol.1

コブラの新作。
原作もコンピューターで着色など、かなり原作の描き方も変わってきているので、その流れを受けての作品っぽい作りです。今回は、原作者、寺沢武一先生の監督・脚本・絵コンテで、美しく描くということに力を入れ過ぎてるせいなのか、コブラのキャラが気取った印象で、ちょっと違和感がありました。オープニングの歌もあまりパッとしなかったです。ただ、文句言いながらも『コブラ』、好きなのでVol.2も観ちゃうと思います。ハイ。

『COBRA THE ANIMATION コブラ ザ・サイコガン Vol.1』
アニメ
監督・脚本・絵コンテ:寺沢武一
アニメーション監督・演出:前島健一
キャラクターデザイン・総作画監督:清水恵蔵
出演:野沢那智(コブラ)/榊原良子(レディ)
★★★☆☆
率直な感想でいくと、作画の美しさにこだわり、こじんまりしちゃった印象。


寺沢武一作品では『ゴクウ』のアニメ版『MIDNIGHT EYE ゴクウ』が名作だと思います。『ブレードランナー』みたいなものを意識した時代の作品だと思いますが『妖獣都市』の川尻善昭監督の演出が妖しげでしびれます。
世界中のコンピューターと直結可能の左目を持つ男、私立探偵ゴクウ。軍事衛星侵入などあらゆることが可能な彼の目には、女の嘘まで、あらゆる現実が見えてしまいます。最後のシーンが決まって、葛城ユキ「Fighting in the Danger」のかかるエンディングがすごくかっこいい。

MIDNIGHT EYE ゴクウ コンプリートDVDMIDNIGHT EYE ゴクウ コンプリートDVD
(2008/04/21)
ゴクウ役の声優松田重治の声がいい。

商品詳細を見る
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。