FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
蜷川実花展 ー地上の花、天上の色ー へ行った
2009年11月04日 (水) | 編集 |
蜷川実花展地上の花、天上の色ポスター

全国巡回中の「蜷川実花展 ー地上の花、天上の色ー」。
今、関西にやってきてるので、観てきました。
蜷川実花さんは、人気フォトグラファーで、最近は、ネスカフェゴールドブレンドの広告にも出演されてます。ファッション雑誌、映画、と幅広く活動され、「さくらん」では、初監督されてます。「おろち」のポスターも、蜷川さんだったんですね、どうりで深い色合いの写真だと思った。

蜷川実花展地上の花、天上の色3

蜷川さんは、雑誌の写真とかポスターも多く撮ってるので、観にきてるのは、大半は、女性でしたね。高校生ぐらいの子も多かったです。
今回の個展は、美大在学中のセルフポートレイトなど初期作品から、「花」「旅」「金魚」「人物」などの代表作、新作《Noir》まで、450点以上、展示されてます。各テーマごとに、展示に変化を持たせていて、金魚の動く映像が壁一面に映し出されていたり、芸能人のポートレートをすきまなくうめつくされていたりする。

花の写真は、引き延ばされたものを見ると、すごく鮮やかで、迫力ありますね。遠目には、赤い花でも、赤以外のさまざな色によってこの花は、成り立っているのがわかります。黒い部分を見てると、鮮やかさの奥にある、どす黒いものが、感じられ、ぞくっとする。

一番最後の展示室にあるのが、新作《Noir》で、原色的で派手な展示を見たあと、ここの部屋に入ると、スコーンとした空虚な部屋に感じる。写真も、色のない日常的なシーンが多い。ふと見えた「生」のようなものを感じる写真のように思った。
1階→2階→1階と各部屋を回っていく、こじんまりした西宮市大谷記念美術館と写真の展示の妙が、うまくかみ合ってて、気持ちよく回れる演出でした。

蜷川実花展地上の花、天上の色2

蜷川実花展地上の花、天上の色1

蜷川実花公式サイト Ninagawa Mika's official site
蜷川実花:1996年キヤノン写真新世紀優秀賞、2001 年木村伊兵衛写真賞を受賞。フイルムにこだわり、色を一切編集しないで生み出される極彩色の作品は、視覚的な華やかさを超え、作家自身の視点を見る者に鮮烈に印象づけます。うつろいゆく生の一瞬の輝きをとらえ、この世のものではないような色彩で生み出される作品世界を、美術評論家・松井みどり氏は「地上の花、天上の色」と評しています。

2009イタリア・ボローニャ国際絵本原画展へ行った
2009年09月27日 (日) | 編集 |
2009イタリア・ボローニャ国際絵本原画展ポスター

2009 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
2009年8月22日(土)~9月27日(日)/西宮市大谷記念美術館
イタリアの古都ボローニャ市で毎年開催される世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市、ボローニャ児童図書展に併設された絵本原画のコンクール入選作品が展示されてます。5点1組のイラストを応募すれば誰でも審査を受けられる公募展で、すでに絵本として発表された作品も、未発表のものも全て平等に扱われます。今日の世界の絵本の動向を知ることが出来る展覧会。


これは、毎年、観にいってるんだけど、年々、人気が出てきていて、たいへん盛況です。今回の入選作品は、20ヶ国81名で、その中に日本人作家さん18名もはいってました。日本人作家さんの作品が多いせいもあると思うんですけど、原画を観て、きっと、こんな物語なのかな、というのが想像しやすく、親しみやすいので、今年は、すごく面白かった。

くつやのねこ
これが、やっぱり一番人気かな、というのが、今井彩乃さんの『くつやのねこ』。
チラシにも使われてたし、長靴をはいた猫ちゃんの絵がすごくかわいい。


特別展示として、2008年国際アンデルセン賞画家賞を受賞したイタリアのイラストレーター、ロベルト・インノチェンティの原画46点も展示されていた。
ロベルト・インノチェンティ_Roberto_Innocenti
ちょっと不気味でしょ。くるみわり人形の絵ですけど、ランプに照らし出された様子が、ドラマチックに描かれてて、綿密です。この方の絵は、こういう照明を使った絵が多く、一枚の絵で、重厚なストーリーを感じさせますね。でも、子供の時に、この絵を見たら、恐い、と感じるだろうな。